読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめゲーム日記

おすすめのゲーム紹介やランキング作成などをやっていきます!

アーケード版「鉄拳」の面白さ

こちらはバンダイナムコの王道の格闘ゲーム。自分が何故鉄拳にハマっているかと言う理由は幾つかある。

1つはグラフィックである。シリーズが新しくなるにつれグラフィックは向上し新キャラのデザインイラストから背景、対戦中の動きまで躍動感ある動きで見るものを圧倒する。

2つ目は他の格闘ゲームより奥が深い。他の格闘ゲームとどう違うかと言うとまずはガード時の読み合いが難しいところ。他の格闘ゲームは中段、下段攻撃をガードする際に下段ガードが安定しているのだが鉄拳は違い中段攻撃は下段ガードしていると当たってしまう。つまり上段ガードをするか下段ガードをするかの読み合いもありとても緊張感があると言える。

3つ目は確定反撃を覚えるのが楽しい。確定反撃とは攻撃を発生したキャラクターの硬直時間に対しガードした側が硬直時間に間に合った攻撃を反撃すると言ったことです。こ
れは鉄拳と言うゲームではとても大事なことで格闘ゲームで良く言うコンボもこれを覚える事によってスムーズに行う事が出来るのです。また確定反撃をした後にも読み合いが発生し確定反撃をしたことによる硬直時間を計算し相手の動きを読み合うのが対人戦の醍醐味ではあるかと思うます。

4つ目は段位上げが楽しい。段位は入門生から始まり対人戦で勝っていくと徐々に上がると言ったものです。段位は入門生〜1級が級段、初段〜名人が石段、餓浪〜鬼熊までが獣段、剛拳〜獄拳までが拳段…まだまだ有るので省きますが最後の到達段位が鉄拳王、鉄拳神。これに到達するのがロマンとも言えます。

5つ目勝てた時のストレス発散。仕事や学校でストレスが溜まり鉄拳をやったとします。見事対戦相手を倒したらストレス発散出来る!これはやはり大きいかと思います。対戦相手が居ないのでは対戦出来ないのでわ?と思うかもしれませんが今の鉄拳7frはなんとオンライン対戦により自動で相手を探してくれるの昔より遥かに対戦回数が増えとてもいい環境になりました!

6つ目大会が盛り上がる。有名な大会だと賞金があったりします。最高賞金総額は1000万円にもなります。地方の個人の大会だと大会の後に参加者全員で盛り上がり対人戦を店内対戦でやって仲良くなれたりするコミュニケーションの場にもなります。自分はこの方法で鉄拳友達を全国各地に作り情報交換や地方のオススメの観光地を教えて貰ったりしています。

7つ目は反射神経の衰えの予防。こちらは長年やってる先輩の話ですが鉄拳をやっている為か反射神経の衰えは40代にしてさほど無いとの事です。やはり下段ガードや確定反撃といった事をしているのもあると思いました。

以上の事から鉄拳とは読み合いが豊富で奥深く、かつグラフィックが綺麗なゲーム、やりこみ要素もあり友人も出来やすいと理由から自分は9年間やり続けてきました。問題点はさほど無く難しい話をしているようですが格闘ゲーム初心者でも入りやすくやり込めば誰でも強くなれるのでとてもおすすめしています。

f:id:yonshimai:20161020195507j:plain