読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめゲーム日記

おすすめのゲーム紹介やランキング作成などをやっていきます!

「信長の野望 創造 withパワーアップキット」の魅力を紹介していきます

いまさらながら「創造」です。信長の野望シリーズの中でもよくできたほうだと思います。今回はこのパワーアップキット版の特徴についてお知らせします。なお、設定によっては内容が異なることがあります。(通常版の特徴も織り交ぜて紹介しています)

f:id:yonshimai:20161105221651j:plain

軍団制や外交がわかりやすいです。

通常版に比べて「軍団」が作りやすくなりました。また、外交もわかりやすく操作しやすくなりました。
領土が大きくなると内政など煩わしくなりますが、軍団を作ることによって、配下に任せることができます。
また、外交も配下が自動で行うシステムで、自動的に報告もしてくれるため、煩わしさがありません。

史実通りの戦略を楽しめます

関ヶ原の戦いの再現にみられるように、「創造」はより史実に近い設定で楽しめるように作られています。「人口」の初期設定が地域により大きな差がつけられているのも特徴です。また、「イベント」で突然周囲が敵だらけになったりなど、飽きのこないプレイが楽しめます。

内政システム

「創造」では、城を中心に城下が整備されていきます。操作はわかりやすく複雑な操作がなくても城下が作れます。マップのあちこちに施設が作られるわけではないので、地図がすっきりしています。
城の改修もわかりやすい仕組みがありがたいです。自動で提案もしてくれますので、大変さはありません。

合戦の仕組み

私はこれが苦手なのですが、戦いの駆け引きを楽しめる「会戦」システムがあります。大マップ上でポカスカやるのではなく、部隊を戦場マップで動かして戦わせることができます。私は弱いので大概負けてしまします。

たのもしい息子・姫

「創造」でも息子武将や姫武将のシステムがあります。親武将の能力が低いとあまり使えない人になりますが、能力が高いと頼れる肉親になります。この辺りは設定によっては、史実ではありえない戦力となりますので、とても重要です。肉親ということで、能力が高いと軍団長などに起用できるため、占領地域の運営を任せるなど幅広い使い方ができます。

信長の野望シリーズの紹介

とても有名なゲームですが、第1作の発売以来長く遊んでおります。時代ごとに様々なシステムを採用し、改良がくわえられてきましたが、本作は現在のところ一番出来が良いといってもいいのではないでしょうか。
昔のシリーズの中には、ある武将を手に入れれば簡単に戦で勝ててしまうものや、鉄砲が強力すぎて、味方が強くなりすぎ、そのため城下町に鉄砲製造のための施設をいっぱい作った兵器工場みたいな城下町を作って、戦場では射撃戦ばかりしているシリーズもありました。ほかにも、本願寺とその門徒衆が強すぎて無敵状態になるものもありました。
シミュレーションゲームではありがちですが、ある必勝パターンを見つけると簡単に勝ててしまうという弱点があり、本作ではそのような弱点をある程度排除しているのではないかと思います。本願寺も強いのですが、昔より使いにくくなっていますしね。

「創造」では、敵の部隊が複数同時に一つの城に向けて攻め込んでくることがあります。見方も複数の部隊を出動させて迎撃します。地図上で多数の部隊が入り乱れて戦うことがあります。会戦システムは私は苦手なので、大マップでの街道上で敵を挟み撃ちにして戦ったりしています。「会戦」も早くマスターしたいものです。

多数の部隊を繰り出すシステムのせいなのか、前線で兵糧がなくなる部隊が続出し、一つの城を攻略するのに何回も部隊を出動させねばなりません。その場合でも「後詰を」とか進言してくれますので安心です。

今後に期待

コーエーのシミュレーションゲームは年々進化しており、毎回楽しみにしております。今後も良作を出してくださることを期待しています。

f:id:yonshimai:20161105221703j:plain