おすすめゲーム日記

おすすめのゲーム紹介やランキング作成などをやっていきます!

『ポケットモンスター ダイヤモンド』をやり込んだ記憶

僕はゲーマーでは一切ありません。何方かと言えば、ただの暇つぶしでやる程度、友達がやってるから程度にすぎません。ただ単にそれほど興味がないからしてなかったです。ただ、全くしてなかったかと言えば嘘になります。だから、人並み程度より下ぐらいです。

初めて買ったゲーム

そんな僕が初めて買ったゲームは、タイトル通りではなくて、「ポケットモンスター ルビー」です。ルビーは、確か当時ゲームボーイアドバイスが出た時に発売されたものだったと思います。その当時はポケモン大好き少年でした。ルビーとの思い出としては、とにかくやり込んだということがかなり印象深く覚えています。
その当時はまだ小さかったですから、ゲームをすることが何より楽しかったです。攻略本を買って、四天王を何度も倒して、レベル上げて、の日々だったと思います。

初めてやり込んだと今でも感じるゲーム

それから何年かして、DSが出だした頃、「ポケットモンスター ダイヤモンド」が発売されました。カセットは今でもまだ持っています。DSも今でも使えます。
ダイヤモンドの魅力を語ると本当に朝まで話せます。評判自体はどうだったのかはわかりませんが、僕の中ではポケモンの中ではダントツ1位です。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール公式ぼうけんクリアガイド (メディアファクトリーのポケモンガイド)

ポケットモンスターダイヤモンド・パール公式ぼうけんクリアガイド (メディアファクトリーのポケモンガイド)

ダイヤモンドの魅力について

ルビーとダイヤモンドを比較して言わせてもらいます。発売年代が全然違うので全く別のもののように感じますが、大体は似てるので違ってる点だけを言わせてもらいます。1番は、やはりモンスターの数です。ルビーは150体程度でしたがダイヤモンドはルビーで出てくるモンスター含めて500体ぐらいです。今の最新のポケモンを比べるとダイヤモンドでも少ないですが、当時を考えると凄い量です。

しかも、その8割ほどが野生で捕まえれたり、進化したりすることで入手できるのです。まずポケモンの数に圧倒されますが、その次には、多種多様な遊び方にも驚きました。

ポケモンと言えば、草むらを歩いて野生のポケモンを捕まえてトレーナーと戦ってレベルを上げるものなのですが、ダイヤモンドからはそれ以外にもたくさん遊べる機能があります。

1番やり込んでいたのが地下です。アイテムを使って、地下に潜れることができます。その地下の壁には化石等が埋まっていて、自分でドリルなどを使って掘っていくという全く別のゲームのような遊びがあります。それをかなりやり込んでいました。

最後に

最近、ダイヤモンドを起動させると700時間やってることがわかりました。日数に直すと30日以上。1ヶ月分もダイヤモンドに注いでたと思うと今の自分では考えられないです。僕も昔はゲーマーだったのかもしれませんね。

ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)

ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)

広告を非表示にする