読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめゲーム日記

おすすめのゲーム紹介やランキング作成などをやっていきます!

『NOeSISー嘘を吐いた記憶の物語』はスマホアプリのおすすめノベルゲーム

フリーゲーム ノベルゲーム

スマートフォンノベルゲーム「NOeSISー嘘を吐いた記憶の物語」を紹介します。

自作のギャルゲーながら、非常にクオリティが高く、あらすじも面白いので、オススメしています。

f:id:yonshimai:20170322092729j:plain
f:id:yonshimai:20170322092734j:plain

NOeSIS-嘘を吐いた記憶の物語- - Google Play の Android アプリ


両親が出張で家にいないというベッタベタな属性を持つごく普通のオタク少年「時雨」と、それを取り巻く少女達のお話。


ヒロインの1人「千夜」は、一見ちょっとサディスティックな雰囲気を醸す、黒髪美人生徒会長。けれどただの美人ではなく、二重人格者であり、もうひとりの人格「一夜(まや)」と共存しており、一夜は千夜とは真逆の優しい性格であるが、したたかな一面も持っています。
千夜ちゃんは人の目を見ると「その人の記憶を読み取れる」能力を持っています。本当にあったら色々と世の中が破綻しそうな能力ですよね。


幼なじみの「こよみ」はハツラツとした可愛らしい女の子なのですが、電信柱を折ったりなど、とんでもない怪力を持っています。
ややがさつな性格ですが中身はとても純情で、時雨くんのことを幼なじみ以上の感情で見ています。


時雨くんの妹「憂姫」は病弱なツインテールの女の子。トリプル役満みたいな萌え属性を抱える彼女も兄の時雨のことを兄妹以上の感情を持っていそうです。病弱なため発育がとても悪く、それを気にしているのも可愛らしくて良いと思います。


これだけ見るとありきたりな萌えゲーなのですが、実は時雨くんには「幼少期の記憶が抜け落ちている」という謎を抱えています。普通、断片的でも小さい頃の記憶って何かしらあったりすると思うんです。けれど、彼にはそれが全くない。
しかも奇妙なことに、「ある期間」の記憶のみが欠けているのです。その期間より幼かった頃の記憶はうっすらとあり、それ以降の記憶もある、という普通ではありえない状態に彼は陥っていたのです。

そしてそれは、千夜ちゃんの能力でも読み取ることの出来ない、堅牢ななにかで守られた記憶でした。
それとは別に、彼らの通う学校ではある連続殺人事件が噂になっていました。ただの連続殺人事件ではなく、こよみの所属するバスケ部の女子のみが連続して殺されていく....という内容です。さらに、その殺され方が証拠を残さない、あるいは調査を撹乱させるような巧妙なやり口だったということです。

そしてそれらの殺人は、「赤い指輪」という道具を身につけたものが、その指輪の導くままに行っている、という話が流れています。


驚くべきことに千夜ちゃんは、その連続殺人犯に殺されることを望んでいました。時雨くんと初めて会った時も、彼女は屋上のフェンスから飛び降り自殺を試みていたのです。


さらに時雨くんは、時々幼少期にこよみちゃんが人を殺めた夢も見ていました。こよみちゃんもまた、時雨くんの隣の家で一人暮らしをしていて、彼女の家の中について時雨くんは知りませんでした。


記憶を失った少年と、自殺志願の二重人格の少女。そして人を殺したかもしれない幼なじみ。
兄を健気に想う妹。彼らは成り行きで連続殺人事件を追うことになり、その果てに各々が抱えし闇の真実を垣間見ることになります


このゲームのシナリオを書いていらっしゃる方は理系の内容にとても造詣が深いのか、専門的な言葉がたまに出てきます。けれど私のような無学な人間にもわかりやすく書かれてあり、ストーリーを引き立ててくれます。


プレイボリュームも20時間ほどあり、シリアスな話が好きな人には特にオススメです!

読んでくださりありがとうございました。