読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめゲーム日記

おすすめのゲーム紹介やランキング作成などをやっていきます!

くだらなくて笑える最高のB級ゲーム『とんでもクライシス!』

ネタ テレビゲーム

このゲームには現在26歳の僕が小学生の時に出会ったが、何故このゲームを購入したかわからないが少年時代にこのゲームの魅力を理解するのが難しかったです。

大人になってからでないとこのゲームの面白さには気づけないのかもしれません。


とんでもクライシス!

とんでもクライシス!

とんでもクライシス! ― オリジナル・サウンドトラック

とんでもクライシス! ― オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック,東京スカパラダイスオーケストラ,川上つよし,沖祐市,北原雅彦
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 1999/07/23
  • メディア: CD
  • クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る


簡単に説明するとプレイステーション用ソフトで、どこのでもありそうな一般家庭の父、母、小学生の息子、女子高生の娘が様々な災難を越えて祖母の誕生日祝い会にに間に合うように帰宅するというストーリーで、様々なミニゲームを家族を操作して遊ぶものになっています。

くだらないが笑える!最高のB級ゲーム

このゲームとにかくくだらないですがそこが面白い‼ただ帰宅するだけなのにゲーム名の通りとんでも無い事が次々起こるのですが、まあ笑います。
各ミニゲームのタイトルもパロディに次ぐパロディ。
内容も何故か会社の中で岩みたいなやつに追いかけられたり担架で爆走したりと斬新な内容でありえないと思いつつ遊んでいましたが、そこがこのゲームの面白いところだとおもいます。BGMも僕個人としては好きです。
ほのぼのした感じがします。このゲームがオリジナルかわかりませんがTVでも流れているのをよく聞くので、BGMだけなら耳にしたことがある人もいると思います。

面白いが意外と難しい。何度も泣かされた

僕はゲームは好きですが得意ではないです。それもあるのかもしれませんが意外とこのゲームは難しいです。ミニゲームをクリアしていってもセーブポイントまでクリアしないと最初からやり直しです。
心が折れかけました。

ミニゲームも当時としてはなかなか斬新だったので僕個人としては難易度が高く感じました。ただ難しいですが面白い事には変わりません。全部クリアしたときは達成感が凄かったです。クリアするまでのプレイ時間はそんなかからなかったです。おそらく本気出してやれば2~3時間ですべてクリアできると思います。
当時はRPGやアクションゲームをやりすぎて少し物足りなさを感じていたので、このゲームに地味にハマってしまいました。

意外と深いゲーム

最初は気づかなかったのですがこのゲーム単純に見えて意外と深いです。
父、母、息子、娘の順でそれぞれのストーリーをプレイするのですが、前述の通り、一見ふざけた話に感じますが各キャラのストーリーは進める事に少しづつリンクしていきます。こればかりはプレイしないとわからないので、他の人にもプレイしていただきたいです。最後は笑いつつも意外と感動しました。

色々と説明してきましたが、このゲームホントにおすすめです。個性的なキャラクターがたくさん登場し、笑いの中にも家族の絆を感じさせるゲームです。好き嫌いの分かれるゲームだと思いますがシュールなお笑いが好きな人はハマるはずです。