読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめゲーム日記

おすすめのゲーム紹介やランキング作成などをやっていきます!

「クラッシュバンディクーシリーズ」を語る

洋ゲー テレビゲーム

クラッシュバンディクーシリーズを始めたのは小学生の時です。
初代プレイステーションを買ってもらった時に一緒に買ってもらったソフトが、
クラッシュバンディクーシリーズの1作目でした。

私がゲームの魅力に捕らわれたのも、クラッシュバンディクーによるものなので、
今回は「クラッシュバンディクー」について語らさせて頂きます。

どんなストーリー?どんなゲーム?


のクラッシュバンディクーシリーズの主人公は、クラッシュ・バンディクーです。
英語名では「Crashbandicoot」で、タスマニア島のタスマニアンデビルがモデルになっています。

クラッシュバンディクーは、元々は島に住む動物(やんちゃな性格)だったのですが、ある時、世界征服を企む、ネオ・コルデックスとニトラス・ブリオが、島の自然を壊したり、動物たちを洗脳し始めたのが、始まりです。

クラッシュバンディクーは、洗脳をされたのですが、やんちゃな性格だった為、正義の心を目覚めさせて、ネオ・コルテックスの城から脱出しました。

しかし、クラッシュバンディクーの彼女(自称)が取り残されてしまっているので、彼女を助けるために、ネオ・コルテックス一同に立ち向かうのが、クラッシュバンディクーシリーズの始まりです。

島の守り神「アクアク」と共に、各ステージを超え、洗脳された動物達と戦い、ネオ・コルテックスのところに向かいます。

このゲームは、まだ真新しい3Dを使った、奥行がある3Dアクションゲームです。
操作は簡単で、スティックで移動し、×でジャンプ、〇でスピン攻撃など単純な操作でできるのも魅力です。爆弾やニトロなどを避けつつ、敵の撃退し、一番奥のゴールまで目指すのがクラッシュバンディクーのゲーム内容であり、道中の木箱を破壊し、全ての木箱を破壊すると特別ボーナスでダイヤが貰えます。

このダイヤはコレクションではなく、このダイヤを各ステージで全て集めないと先に進めないスペシャルステージで必要となり、新のエンディングを見る為にも必須となります!

単純なゴールを目指すだけではなく、スタイリッシュなアクションと木箱を全て壊すやり込み要素を兼ね備えた、ボリューミーなゲームとなっています!

死に様が特徴的!?

さて、一昔の一般のゲームを考えてみると、敵にやられたり、障害物に当たった時、その死亡時のアニメーションは何種類あるだろうか?

あっても10種類程度のはずです。演出にコストをかけたいからこんな部分には正直かけたくないのも分かります。クラッシュバンディクーでは、正式な数は数えていませんが、覚えている物だけでも30種類、40種類は超えていると思います。

敵に食べられた時のアニメーション、爆弾に爆破された時のアニメーション、燃やされた時のアニメーションなど、それぞれ同じ演出ではなく、それぞれのやられた時の特徴の物によって演出が異なるのが素晴らしい、新しいやり込みポイントなのではないかと思います。沢山あるやられポイントで死亡演出を全て見るのも、クラッシュバンディクーの魅力です!

色々書きましたが、実際にやってみるのが一番

クラッシュバンディクーは、やってみないと伝わらない細かい部分などもたくさんありますし、敵のボスも、憎めないキャラクターばっかりです。

コミカルな主人公クラッシュバンディクーを眺めてるのもよし、さくさくと進めるのもよし、120%遊びつくせるのが一番の魅力です!


クラッシュ・バンディクー

クラッシュ・バンディクー

クラッシュ・バンディクー2

クラッシュ・バンディクー2

クラッシュ・バンディクー3

クラッシュ・バンディクー3